早めにケア

早めにケア

からだのなかで、もっとも「むくみ」が起こりやすいのが「足」だそうです。心臓から遠い位置にあるために血液の流れが悪くなりやすいということと、重力の関係で水分がたまりやすいからだそうです。 足の「むくみ」は一般的に、立ち仕事の人に多い症状だそうですが、デスクワークの仕事の人にもよくある症状ですよね。それは、どちらも同じ姿勢を長時間続けることで、足の組織液(水分を含む血液、リンパ液などなど)の循環が悪くなって細胞と細胞のすき間に「水分」が停滞するからだそうです。


また疲れがたまったときや、睡眠不足になったときなどにも、「むくみ」が起こりやすくなりますよね。これは血液を送り出す心臓の働きが低下するためだそうです。 中高年になって足の筋力が低下した場合にも、「むくみ」が起こりやすくなりますよ。「ふくらはぎ」は、血液を心臓に戻すポンプの役割をしているため、筋力が低下すると血液がうまく戻らなくなり、血液中の水分が停滞するそうです。 こうした「足のむくみ」の多くは、一時的なもので、ゆっくりお風呂に浸かったり、ひと晩寝ることで治まるので、あまり心配はありませんが慢性的な「むくみ」にならないためにも、「するるのおめぐ実」で早めにケアしましょう!!
足むくみ解消サプリのサイトはこちら

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。